中里(読み)なかさと

  • 青森県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

青森県北西部、北津軽郡にあった旧町名(中里町(まち))。現在は五所川原(ごしょがわら)市の北部をはさんで南北に分かれる中泊(なかどまり)町の南部にあたる地域。1941年(昭和16)町制施行。1955年(昭和30)内潟(うちがた)、武田の2村と合併。2005年(平成17)、北津軽郡小泊(こどまり)村と合併、中泊町となった。旧町域は津軽鉄道の終点であり、また国道339号が通じる。東部は津軽山地、西部は岩木川右岸の津軽平野で占められ、北部は十三湖(じゅうさんこ)に面す。近世初頭に新田開発が行われた地であるが、岩木川の河口付近はデルタ地帯をなし、腰切(こしきり)田、乳切(ちちぎり)田といわれる湿田で、米の生産はあがらなかった。1948年(昭和23)からの国営の十三湖干拓事業により、乾田化が進んだ。米作と木材業が主で、ヒバの集散地となっている。[横山 弘]
『『中里町誌』(1965・中里町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中里の関連情報