コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽山地 つがるさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽山地
つがるさんち

青森県北西部,津軽半島の脊梁をなす山地。奥羽山脈の支脈で地塁となって半島を縦走し,西側には断層崖があり津軽平野に接する。東側にも断層崖があり,青森湾との間に狭長な平野がある。標高 400~700mの峰が多い。ほとんど国有林で,ヒバの美林が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つがるさんち【津軽山地】

青森県北西部,津軽半島の脊梁をなす地塁山地で,北部の中山山地,平舘(たいらだて)山地と南部の梵珠(ぼんじゆ)山地,大釈迦丘陵からなる。標高700mをこえる北部の山地は海岸にまで迫り,急崖をつくっている。梵珠山を中心とする南部の山地は標高400~500m前後で北部に比べ比較的なだらかである。山地は主として第三系の砂岩,凝灰岩,ケツ岩などからなり,安山岩や流紋岩もみられる。ブナやヒバの森林に覆われ,とくに弘前藩の重要な財源となったヒバ林は〈津軽ヒバ〉として日本三大美林の一つに数えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕津軽山地(つがるさんち)


青森県北西部、津軽半島の脊梁(せきりょう)をなす山地。北は龍飛(たっぴ)崎から南は梵珠(ぼんじゅ)山まで、約60kmに及ぶ。最高峰は北東部の丸屋形(まるやかた)岳(標高718m)。並行する2つの断層崖(だんそうがい)に挟まれた地塁山地で、西側に津軽平野が広がる。江戸時代に植林されたヒバの美林におおわれる。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽山地
つがるさんち

青森県西部、津軽半島の脊梁(せきりょう)をなす山地。奥羽山脈の支脈をなす地塁山地で、北北西から南南東に約60キロメートルにわたって半島を縦走する。平均標高約400メートル。西側は断層崖(だんそうがい)をなして津軽平野に接し、東側も断層崖を伴って上磯(かみいそ)平野とよばれる狭長な海岸平野に下っている。地質は第三系の砂岩、凝灰岩、頁(けつ)岩などからなり、安山岩や流紋岩も分布している。林相はブナやヒノキアスナロ(ヒバ)林が多く、とくにヒバ林は弘前(ひろさき)藩の植林によるものである。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

津軽山地の関連情報