コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

津軽山地 つがるさんち

5件 の用語解説(津軽山地の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

津軽山地
つがるさんち

青森県北西部,津軽半島の脊梁をなす山地。奥羽山脈の支脈で地塁となって半島を縦走し,西側には断層崖があり津軽平野に接する。東側にも断層崖があり,青森湾との間に狭長な平野がある。標高 400~700mの峰が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

つがる‐さんち【津軽山地】

青森県津軽半島の東部を北から南に連なる山地。津軽半島の脊梁(せきりょう)をなす山地で、西側は平野。ヒバ林は、木曽のヒノキ林、秋田のスギ林と並んで日本三大美林の一。中山山脈。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つがるさんち【津軽山地】

青森県北西部,津軽半島の脊梁をなす地塁山地で,北部の中山山地,平舘(たいらだて)山地と南部の梵珠(ぼんじゆ)山地,大釈迦丘陵からなる。標高700mをこえる北部の山地は海岸にまで迫り,急崖をつくっている。梵珠山を中心とする南部の山地は標高400~500m前後で北部に比べ比較的なだらかである。山地は主として第三系の砂岩,凝灰岩,ケツ岩などからなり,安山岩や流紋岩もみられる。ブナやヒバの森林に覆われ,とくに弘前藩の重要な財源となったヒバ林は〈津軽ヒバ〉として日本三大美林の一つに数えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕津軽山地(つがるさんち)


青森県北西部、津軽半島の脊梁(せきりょう)をなす山地。北は龍飛(たっぴ)崎から南は梵珠(ぼんじゅ)山まで、約60kmに及ぶ。最高峰は北東部の丸屋形(まるやかた)岳(標高718m)。並行する2つの断層崖(だんそうがい)に挟まれた地塁山地で、西側に津軽平野が広がる。江戸時代に植林されたヒバの美林におおわれる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

津軽山地
つがるさんち

青森県西部、津軽半島の脊梁(せきりょう)をなす山地。奥羽山脈の支脈をなす地塁山地で、北北西から南南東に約60キロメートルにわたって半島を縦走する。平均標高約400メートル。西側は断層崖(だんそうがい)をなして津軽平野に接し、東側も断層崖を伴って上磯(かみいそ)平野とよばれる狭長な海岸平野に下っている。地質は第三系の砂岩、凝灰岩、頁(けつ)岩などからなり、安山岩や流紋岩も分布している。林相はブナやヒノキアスナロ(ヒバ)林が多く、とくにヒバ林は弘前(ひろさき)藩の植林によるものである。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

津軽山地の関連キーワード津軽半島中泊町博物館中里[町]青森県東津軽郡今別町青森県北津軽郡青森県北津軽郡中泊町青森県東津軽郡蓬田村小泊[村]平舘[村]蓬田[村]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

津軽山地の関連情報