コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岩木川 いわきがわ

7件 の用語解説(岩木川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩木川
いわきがわ

青森県西部,白神山地に源を発し,津軽平野を貫流して十三湖を経て日本海に注ぐ川。全長 102km,十和田湖西縁山地から発する浅瀬石川や,秋田県境の矢立峠付近からくる平川など約 50の支流をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いわき‐がわ〔いはきがは〕【岩木川】

青森県西部を流れる川。白神山地の雁森(がんもり)岳(標高987メートル)に源を発し、津軽平野を流れて十三湖に入り日本海に注ぐ。長さ102キロ。流域は米・リンゴの産地。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

岩木川【いわきがわ】

青森県西部の川。長さ102km,流域面積2540km2。秋田県境の白神山地の北側に発し,多くの支流が合して津軽平野を形成,北流して河口に標式的な三角州を発展させ十三湖に注ぐ。
→関連項目板柳[町]木造[町]中里[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

岩木川

青森県、尾崎酒造株式会社の製造する日本酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

いわきがわ【岩木川】

青森県西部を流れる川。秋田県境の白神山地に源を発し,目屋渓流をつくりながら東流し,弘前市街地付近で北に転ずる。津軽平野に入ると浅瀬石(あせいし)川,平川,十(と)川を合わせて北流し,五所川原付近から下流部は標高10m以下の平たん地で,蛇行しながら十三湖に注ぐ。幹川流路延長102km,全流域面積2544km2。この川は津軽平野の水田地帯をうるおし,また排水路にも利用されている。藩政時代には津軽地方の物資輸送の大動脈でもあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕岩木川(いわきがわ)


青森県西部、津軽(つがる)平野を流れる川。1級河川(岩木川水系)。延長102km。流域面積2540km2。白神(しらかみ)山地に源を発し、岩木山の南麓(なんろく)を巡って津軽平野を北流、十三(じゅうさん)湖を経由して日本海に注ぐ。十三湖南岸は支流・分流が錯綜(さくそう)する低湿地で、三角州が発達。上流では既存の目屋(めや)ダム(美山(みやま)湖)を含めて大規模な津軽ダム建設計画がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岩木川
いわきがわ

青森県の西部を流れる川。一級河川。秋田県境の白神(しらかみ)山地に源を発し、山地の間を渓流となって東流し、弘前(ひろさき)市街地付近で北に方向を転ずる。津軽平野に入ると浅瀬石(あせいし)川を合わせた平(ひら)川、十(と)川、金木(かなぎ)川と合流し、十三(じゅうさん)湖を経て日本海に注ぐ。延長102キロメートル、流域面積2540平方キロメートル。津軽平野の水田地帯を潤し、また排水路としても利用されている。上流に多目的ダムの目屋(めや)ダムがある。津軽藩は岩木川流域の新田開発を進めるとともに改修工事も行った。三世寺、藤崎、板屋野木(いたやのき)、五所川原(ごしょがわら)、金木などに河港が開かれ物資の流通でにぎわった。川筋で集められた米は河口の十三湊(みなと)を経て鰺ヶ沢(あじがさわ)から西廻(にしまわり)海運の船に積み込まれた。[横山 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩木川の関連キーワード烏川寒風山白神山地白神岳白神山地の水白神山地世界遺産センター 藤里館鰺ヶ沢[町]青森県西津軽郡深浦町秋田県山本郡藤里町岩崎[村]

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

岩木川の関連情報