コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中院通冬 なかのいん みちふゆ

2件 の用語解説(中院通冬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中院通冬 なかのいん-みちふゆ

1315-1363 鎌倉-南北朝時代の公卿(くぎょう)。
正和(しょうわ)4年生まれ。中院通顕(みちあき)の子。元徳2年参議となり,のち権(ごんの)中納言,権大納言を歴任する。康永元=興国3年氏長者,貞和(じょうわ)5=正平(しょうへい)4年大納言。従一位。貞治(じょうじ)2=正平18年閏(うるう)1月25日死去。49歳。日記に「通冬卿記(中院一品(いっぽん)記)」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

中院通冬

没年:貞治2/正平18.閏1.25(1363.3.11)
生年:正和4(1315)
南北朝期の公卿。父は内大臣通顕,母は白拍子明一。正和5(1316)年叙爵。元徳2(1330)年参議。正慶1/元弘2(1332)年権中納言。暦応2/延元4(1339)年に淳和院別当,翌年従二位,奨学院別当,権大納言を歴任。康永1/興国3(1342)年正二位,氏長者となり,貞和5/正平4(1349)年大納言に任ぜられる。貞治2/正平18年閏1月24日,従一位に昇り,翌日没。南北両朝の間を移り,三条公忠の『後愚昧記』に「進退不落居」と評された。揃ってはいないが,建武3/延元1(1336)年から貞和5/正平4年におよぶ,南北朝期の動きがうかがえる日記『中院一品記』がある。

(相馬万里子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

中院通冬の関連キーワード花山院長親二条吉忠阿野実為花山院通定勧修寺経顕久我長通西園寺公重三条公忠中院通顕吉田宗房

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中院通冬の関連情報