コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島津貞久 しまづさだひさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島津貞久
しまづさだひさ

[生]文永6(1269).薩摩,山門院?
[没]正平18=貞治2(1363).7.3. 鹿児島
鎌倉,南北朝時代の薩摩守護。忠宗の長子。鎌倉幕府の鎮西探題北条英時を滅ぼし,北条氏に没収されていた大隅,日向守護職を諸豪族の反乱を押えて回復。南北両朝分裂後は,おおむね幕府方に属した。正平 18=貞治2 (1363) 年薩摩守護職を師久に,大隅守護職を氏久に譲った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

島津貞久 しまづ-さだひさ

1269-1363 鎌倉-南北朝時代の武将。
文永6年生まれ。島津忠宗(ただむね)の長男。島津氏5代。文保(ぶんぽ)2年(1318)薩摩(さつま)守護職をつぐ。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年足利尊氏の倒幕の呼びかけに応じ,少弐貞経(しょうに-さだつね),大友貞宗とともに挙兵し,鎮西探題赤橋英時(ひでとき)を討つ。功により,日向(ひゅうが),大隅(おおすみ)の守護職を得る。南北朝対立後も,尊氏にしたがい南朝方とたたかった。貞治(じょうじ)2=正平(しょうへい)18年7月3日死去。95歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

島津貞久

没年:貞治2/正平18.7.3(1363.8.12)
生年:文永6(1269)
鎌倉後期・南北朝時代の武将。三郎左衛門尉,上総介を称す。法名は道鑑。父は忠宗,母は三池木工介入道道智の娘。文保2(1318)年,父の跡を襲い,薩摩国守護となる。元弘3(1333)年5月,足利尊氏の命に従い,少弐氏,大友氏らと鎮西探題北条英時を攻め滅ぼす。同年6月,日向国守護職を得る。翌年4月,さらに大隅国守護職を得る。南北朝内乱が始まると,尊氏側に与して肝付兼重らの宮方と戦う。康永1(1342)年,懐良親王が薩摩に入国すると,貞久はその本拠谷山城を攻め,また東福寺・催馬楽城を陥れた。懐良親王は南九州に勢力を扶植できぬうちに肥後に去った。観応の擾乱が始まると尊氏党として活動し,直義党に与した畠山直顕と日向・大隅地方の支配をめぐって争った。貞治2(1363)年4月,所領を子息に分与。薩摩守護職を与えられた師久は総州家島津氏の,大隅国守護職を与えられた氏久は奥州家島津氏の祖となった。同年7月に95歳で死去。年齢については異説もある。

(本郷和人)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまづさだひさ【島津貞久】

1269‐1363(文永6‐正平18∥貞治2)
鎌倉・南北朝時代の薩摩・大隅国守護。島津氏代。忠宗の嫡男,母は三池道知女。上総介。法名道鑑。1325年(正中2)襲職。33年(元弘3)少弐・大友氏とともに鎮西探題北条英時を博多に攻め滅ぼす。35年(建武2)足利尊氏に応じ,出京して各所に戦功あり,帰国後拠城を川内(せんだい)碇山(いかりやま)城におき,各地に南朝方の豪族と戦い領国の経営につとめた。第3子師久,第4子氏久にそれぞれ薩摩,大隅国守護職を分譲。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島津貞久
しまづさだひさ
(1269―1363)

南北朝時代の武将。文永(ぶんえい)6年4月8日生まれ。父は島津忠宗(ただむね)。初め鎌倉幕府方であったが、足利尊氏(あしかがたかうじ)方となり九州、畿内(きない)各地で働き、南九州の宮(みや)方と対抗し、守護の領国経営のため薩摩(さつま)の碇山(いかりやま)城を居城とし、薩摩国、大隅(おおすみ)国の守護職(しゅごしき)を兼ねた。薩摩、大隅の各地で戦い、とくに薩摩を本領とし、守護大名へと展開する基礎を固めたが、鹿児島、谷山(たにやま)などでもしばしば苦戦している。のち守護職を分割相続させた。貞治(ていじ)2年7月3日没。95歳。墓は出水(いずみ)感応寺(かんのうじ)(鹿児島県出水市野田町)の五廟社(ごびょうしゃ)、本立寺(ほんりゅうじ)五道院(ごどういん)跡(鹿児島市清水町)、天徳寺(てんとくじ)跡(日置市吹上町)にある。[三木 靖]
『山本正誼編『島津国史』(1972・鹿児島県地方史学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

島津貞久 (しまづさだひさ)

生年月日:1269年4月8日
鎌倉時代後期;南北朝時代の武将;三郎左衛門尉;上総介
1363年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

島津貞久の関連キーワード島津氏(しまづうじ)二階堂行久(2)室町時代(年表)伊集院忠国生年月日鹿児島市島津宗久島津氏久島津師久東福寺城禰寝氏

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android