コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

洞院実夏 とういん さねなつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

洞院実夏 とういん-さねなつ

1315-1367 南北朝時代の公卿(くぎょう)。
正和(しょうわ)4年6月1日生まれ。洞院公賢(きんかた)の子。北朝につかえ,建武(けんむ)4=延元2年従三位,参議となり,貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年権(ごんの)大納言,貞治(じょうじ)2=正平18年(1363)内大臣となる。従一位。貞治6=正平22年6月1日死去。53歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

洞院実夏の関連キーワード西園寺公衡西園寺公衡足利義詮足利義詮大泉町の外国人エボラ出血熱タウラー大仏維貞梶原性全金沢貞冬

今日のキーワード

闇ポテチ

2017年に起こったジャガイモ不足を発端に、非正規のルートで流通したポテトチップスのこと。16年の台風被害などで原料となる北海道産ジャガイモの収穫量が減少したことを受け、17年3月に株式会社湖池屋が、...

続きを読む

コトバンク for iPhone