コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中院通成 なかのいん みちなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

中院通成 なかのいん-みちなり

1222-1287* 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
貞応(じょうおう)元年生まれ。源通方(みちかた)の次男。参議,大納言をへて文永6年内大臣となる。正二位。淳和・奨学両院別当もつとめた。弘安(こうあん)9年12月23日死去。65歳。名は「みちしげ」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

中院通成

没年:弘安9.12.23(1287.1.8)
生年:貞応1(1222)
鎌倉中期の公卿。正二位内大臣。大納言通方と一条能保の娘との子。仁治3(1242)年従三位,文永6(1269)年内大臣となる。父が後嵯峨天皇の乳父だったため,後嵯峨の即位後,近臣として厚遇された。

(秋山喜代子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

中院通成の関連キーワード西園寺公衡中院通頼三条公茂源顕子没年禅助

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android