コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

源通方 みなもとの みちかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

源通方 みなもとの-みちかた

1189-1239* 鎌倉時代の公卿(くぎょう)。
文治(ぶんじ)5年生まれ。源通親(みちちか)の5男。母は藤原範子。中院(なかのいん)家の祖。建暦(けんりゃく)2年(1212)従三位。正二位,大納言にすすみ,土御門(つちみかど)大納言とよばれた。著作に有職書「餝抄(かざりしょう)」があり,歌は「新勅撰和歌集」以下に10首はいる。暦仁(りゃくにん)元年12月28日死去。50歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

源通方の関連キーワード大納言局(3)土御門通方後嵯峨天皇中院通成中院通方

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android