コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丸瀬布[町] まるせっぷ

百科事典マイペディアの解説

丸瀬布[町]【まるせっぷ】

北海道紋別郡の旧町。湧別(ゆうべつ)川中流に石北本線が通じる中心集落があり,北部と南部の山地は大森林で,中部川沿いは肥沃な耕地となる。林業が盛んで,木工加工センターがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるせっぷ【丸瀬布[町]】

北海道北東部,網走支庁紋別郡の町。人口2342(1995)。地名はアイヌ語の〈マウレセプ(子の川が三つある広いところ)〉に由来する。オホーツク海に注ぐ湧別川中流に位置し,町域の大半が山林である。市街地は湧別川と支流の丸瀬布川,武利(むりい)川の合流点にあり,石北本線,国道333号線が通じる。1889年第1次植民地区画選定が行われたが,本格的な開拓は1912年宮城県からの団体入植以後に始まった。林業と,豊富な林産資源を活用する木材・木製品工業を主とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

丸瀬布[町]の関連キーワード北海道紋別郡中流

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android