丸瀬布[町](読み)まるせっぷ

百科事典マイペディアの解説

丸瀬布[町]【まるせっぷ】

北海道紋別郡の旧町。湧別(ゆうべつ)川中流に石北本線が通じる中心集落があり,北部と南部の山地は大森林で,中部の川沿いは肥沃な耕地となる。林業が盛んで,木工加工センターがある。酪農も行う。2005年10月紋別郡生田原町,白滝村と遠軽町へ編入。510.13km2。2070人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

まるせっぷ【丸瀬布[町]】

北海道北東部,網走支庁紋別郡の町。人口2342(1995)。地名はアイヌ語の〈マウレセプ(子の川が三つある広いところ)〉に由来する。オホーツク海に注ぐ湧別川中流に位置し,町域の大半が山林である。市街地は湧別川と支流の丸瀬布川,武利(むりい)川の合流点にあり,石北本線,国道333号線が通じる。1889年第1次植民地区画選定が行われたが,本格的な開拓は1912年宮城県からの団体入植以後に始まった。林業と,豊富な林産資源を活用する木材・木製品工業を主とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android