コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

石北本線 せきほくほんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

石北本線
せきほくほんせん

北海道中央部とオホーツク海沿岸を結ぶ鉄道。JR北海道。旭川-網走 237.7km。1912年網走-北見,1915年遠軽に達し,1932年上川支庁,網走支庁の境界をなす北見峠を抜ける石北トンネルの開通によって全通した。道央道東を結ぶ重要幹線。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

せきほく‐ほんせん【石北本線】

北海道中央部から道東へ走るJR線。新旭川から網走(あばしり)に至る。大正1~昭和7年(1912~1932)開業。全長234キロ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

石北本線【せきほくほんせん】

新旭川〜網走間のJR線。営業キロ234.0km。北海道の中央山系を横断し,上川盆地と北見・網走地方を結ぶ。遠軽(えんがる)〜野付牛(のつけうし)(現在の北見)間の湧別線(1915年全通),新旭川〜遠軽間の石北線(1932年全通)を合わせて石北線とし,さらに1961年網走本線の北見〜網走間を統合して石北本線となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

石北本線

JR北海道が運行する鉄道路線。北海道旭川市の新旭川駅から網走市の網走駅を結ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

せきほくほんせん【石北本線】

宗谷本線新旭川駅を起点とし網走駅に至る234.0kmのJR北海道の営業線。同線は西の旭川,東の遠軽(えんがる)からそれぞれ営業を順次開始し,1932年10月新旭川~遠軽間が全通した。このとき,旧湧別線の遠軽~北見間(1915開通)を,さらに61年には旧網走線の北見~網走間(1912開通)をあわせて石北本線と改称した。全通以前の札幌~網走間は現在の池北線(現,第三セクターの北海道ちほく高原鉄道が運営)ルートしかなく,全通は短絡線として効果が大きく,その後道内の主要幹線となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せきほくほんせん【石北本線】

JR 北海道の鉄道線。北海道新旭川と網走間、234キロメートル。道央と道東を結び、沿線に上川・遠軽・北見などがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

石北本線
せきほくほんせん

北海道中央部から道東へ走る北海道旅客鉄道の線路名称。新旭川(しんあさひかわ)―北見―網走(あばしり)間234.0キロメートル、全線単線、非電化。上川(かみかわ)盆地より石狩(いしかり)川の上流に沿って走り、北見山地を石北トンネル(4329メートル)で貫き、オホーツク海斜面の湧別(ゆうべつ)川流域、北見盆地、美幌(びほろ)平野などを連ねている。道央とオホーツク海斜面の諸都市を結ぶ北海道の幹線鉄道網の一部で、札幌と網走の間を直通する特急列車が運転されている。当初は新旭川―遠軽(えんがる)間の鉄道として建設され、石北線の名称で1922~1923年(大正11~12)に新旭川―上川間を開業、1927年(昭和2)以降、遠軽側から石北東線が開業すると、新旭川側を石北西線と改称のうえ、東西から逐次建設を進めて、1932年石北トンネルの開通によって両線の連絡が完成した。同時に湧別線のうちの遠軽―野付牛(のつけうし)(現、北見)間(1912~1915年開業)を編入して、新旭川―野付牛間を石北線とした。さらに1961年(昭和36)、網走本線のうちの北見―網走間(1912年開業)を編入して石北本線と改称された。1987年、日本国有鉄道の分割民営化により、北海道旅客鉄道に所属。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

石北本線の関連キーワードオホーツク文学館愛山渓[温泉]温根湯[温泉]仁伏[温泉]女満別[町]生田原[町]留辺蘂[町]丸瀬布[町]桂ヶ岡砦跡本別(町)美幌(町)陸別(町)足寄(町)置戸(町)白滝遺跡群白滝[村]北見[市]愛別[町]網走[市]当麻[町]

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

石北本線の関連情報