コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹山青海 たんざん せいかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹山青海 たんざん-せいかい

1813-1886 江戸後期-明治時代の陶工。
文化10年7月19日生まれ。丹後熊野郡(京都府)の陶工新力山利喜蔵の養子となり,中林竹洞(ちくとう)らに絵をまなぶ。嘉永(かえい)4年京都東山粟田口(あわたぐち)に開窯。6年青蓮院宮のもうけた陶器物産会所より粟田焼の専業を命じられた。明治19年死去。74歳。本姓は岸本。著作に「陶器弁解」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

丹山青海の関連キーワード丹山陸郎明治時代急須

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android