コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

丹波猿楽 たんばさるがく

世界大百科事典 第2版の解説

たんばさるがく【丹波猿楽】

中世,丹波に本拠を置いた猿楽。現在の京都府亀岡市本拠地のあった矢田猿楽,綾部市大島の梅若猿楽,それに本拠地不明の日吉(ひえ)猿楽などが丹波猿楽の有力な座であった。矢田猿楽は鎌倉時代から本座と呼ばれていた古い座で,京都法勝寺の修正会や賀茂社の御土代祭(みとしろまつり),住吉社の御田植神事などに摂津の榎並(えなみ)座(新座)や法成寺座とともに参勤しており,伏見の御香宮でもかなり早い時代から1437年(永享9)まで楽頭職を保持して春秋の神事に猿楽を奉仕していた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

丹波猿楽の関連キーワード梅若六郎(1)日吉[町]大和猿楽梅若流青垣梅若

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android