丹波重雅(読み)たんばの しげまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹波重雅 たんばの-しげまさ

946-1011 平安時代中期の医師。
天慶(てんぎょう)9年生まれ。丹波康頼の長男。権(ごんの)針博士,大舎人頭(おおとねりのかみ),兵庫頭,掃部(かもんの)頭,穀倉院別当などをつとめた。長徳4年典薬(てんやくの)頭となる。源頼光,藤原行成の病を治療した。寛弘(かんこう)8年4月12日死去。66歳。一説に76歳とも。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android