丹羽恵介(読み)にわ けいすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

丹羽恵介 にわ-けいすけ

1830-1864 幕末の武士。
天保(てんぽう)元年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。徒士(かち)目付から奥右筆にすすむ。天狗(てんぐ)党の乱では常陸宍戸(ししど)藩主松平頼徳(よりのり)にしたがい,那珂湊(なかみなと)で諸生派とたたかう。のち降伏し,元治(げんじ)元年10月16日水戸で処刑された。35歳。名は久照。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android