コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久ガ原遺跡 くがはらいせき

世界大百科事典 第2版の解説

くがはらいせき【久ガ原遺跡】

東京都大田区久が原4~6丁目にあって,多摩川下流左岸の標高約19mの台地上に位置した弥生時代後期の集落跡。1927年から始まった区画整理に伴う道路工事に際し,その切通しに大小の竪穴住居が発見され,多くの土器片も出土することから注意されるようになった。竪穴住居には火災にあって焼失したものもあるという。1947‐48年には集落の一部分を発掘調査している。1939年に当遺跡出土の土器を細かく分類した結果,前後2時期に分け得るという考えが出され,古い方を久ガ原式,新しい方を弥生町式と呼ぶことに統一した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android