久世通章(読み)くぜ みちふみ

美術人名辞典の解説

久世通章

有職故実家。京都生。久世通煕の子。8才で加冠昇殿を叙され、太政官に出仕、のち子爵となる。山科言縄から公家装束の伝授をうける。また蹴鞠の復興に尽力し、蹴鞠保存会を設立して会長に就任、資料保存と普及に努めた。貴族院議員。昭和14年(1939)歿、81才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久世通章 くぜ-みちふみ

1859-1939 明治-昭和時代前期の有職(ゆうそく)家。
安政6年7月16日生まれ。参議久世通煕(みちさと)の子。明治8年家督相続,16年殿掌(でんしょう),17年子爵。山科言縄(ときなお)から公家装束を伝授される。39年蹴鞠(けまり)保存会を設立して会長となり,実技の伝承につとめた。貴族院議員。昭和14年4月14日死去。81歳。著作に「有職衣紋写真図解」「蹴鞠」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android