コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山科言縄 やましな ときなお

美術人名辞典の解説

山科言縄

公卿。言成の男。姓藤原。家職を継ぎ有職故実に通じ殊に服制に精じた。正三位伯爵、殿掌、内蔵頭。大正5年(1916)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

山科言縄 やましな-ときなお

1835-1916 幕末-明治時代の公卿(くぎょう),有職(ゆうそく)家。
天保(てんぽう)6年6月20日生まれ。山科言成(ときなり)の子。一説に山科言知(ときとも)の子とも。弘化(こうか)2年内蔵頭(くらのかみ)となる。維新後は宮中儀式,天皇即位式の装束などを監修した。日記に「言縄卿記」がある。大正5年11月6日死去。82歳。名は「ときつな」ともよむ。

山科言縄 やましな-ときつな

やましな-ときなお

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の山科言縄の言及

【山科家】より

…藤原北家房前(ふささき)の男魚名の後裔で,四条家の支流に当たる。すなわち四条中納言家成の六男権中納言実教(さねのり)(1150‐1227)を祖とする。後白河法皇の寵妃丹後局(高階栄子)の子教成(のりしげ)(1177‐1239)は法皇の信任が厚く,勅旨により四条実教の嗣子となり,丹後局の山科の別業を譲られ,子孫は同所に住んだが,南北朝時代の中ごろ,教行のときから地名にちなんで山科を姓とするようになった。…

※「山科言縄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山科言縄の関連キーワード猪熊 浅麻呂久世 通章明治時代久世通章有職公卿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android