コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久保田桃水 くぼた とうすい

2件 の用語解説(久保田桃水の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

久保田桃水

四条派の画家。京都生。横山清暉の門に入り、師の歿後大阪に赴き、西山芳園に就いて研鑽する。明治44年(1911)歿、71才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久保田桃水 くぼた-とうすい

1841-1911 明治時代の日本画家。
天保(てんぽう)12年生まれ。横山清暉(せいき),西山芳園に四条派の画法をまなぶ。明治35年イタリア万国美術展に「遊鯉の図」を出品,遠近法に筆力を発揮して名をあげた。明治44年4月18日死去。71歳。京都出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

久保田桃水の関連キーワード細谷立斎野村文挙住吉広賢羽田月洲石田遊汀(2)大森敬堂西村奇石馬杉青琴村瀬双石吉村島