筆力(読み)ひつりょく

精選版 日本国語大辞典「筆力」の解説

ひつ‐りょく【筆力】

〘名〙 運筆の勢い。筆勢。また、絵画・文章などの表現力。
※両足院本山谷抄(1500頃)一一「其人の文章の力は万牛を回ほどに、ことない文章ぞ」
浮世草子傾城禁短気(1711)四「菱川に筆力をつくさせし姿絵」 〔南史‐王僧虔伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「筆力」の解説

ひつ‐りょく【筆力】

筆の勢い。筆勢。また、文章を表現する力。
[類語]筆先筆勢書き振り筆遣い筆鋒筆法運筆用筆字配りタッチ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「筆力」の解説

【筆力】ひつりよく

筆勢。〔唐書、顔真伝〕正・書を善くし、筆力婉(しうえん)、世に寶として之れを傳ふ。

字通「筆」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android