コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久山牧村 くやま ぼくそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久山牧村 くやま-ぼくそん

?-1899 幕末-明治時代の医師。
備前邑久(おく)郡牛文(うしふみ)村(岡山県長船(おさふね)町)で代々の医家に生まれ,仁科白谷(にしな-はくこく)に儒学漢詩をまなぶ。天然痘の流行のさい,種痘をほどこし,村人への伝染をふせいだ。「医は営業にあらざる慈仁なり」の信条に生き,偏屈原とあだ名されたという。明治32年2月15日死去。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久山牧村の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android