コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科白谷 にしな

2件 の用語解説(仁科白谷の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

仁科白谷

江戸後期の儒者。備前生。名は幹、字は礼宗、通称は源蔵。初め江戸に遊び亀田鵬斎に師事、漢学宋学を兼ねた老荘を学ぶ。詩及び書を能くする。著書に『老子解』『荘子解』等がある。弘化2年(1845)歿、55才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科白谷 にしな-はくこく

1791-1845 江戸時代後期の儒者,漢詩人。
寛政3年生まれ。仁科琴浦(きんぽ)の次男。江戸で亀田鵬斎(ほうさい)にまなぶ。のち京都にすみ,猪飼(いかい)敬所,摩島松南らと交遊。詩人として知られた。弘化(こうか)2年5月29日死去。55歳。備前(岡山県)出身。名は幹。字(あざな)は礼宗。通称は源蔵。別号に熊峰。著作に「凌雲集」「白谷詩文鈔」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

仁科白谷の関連キーワード新井静斎新井稲亭伊藤板渓井上毅斎五井鶴城佐藤東斎菅新菴高島文鳳鳥取大武門司東里

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone