コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仁科白谷 にしな

美術人名辞典の解説

仁科白谷

江戸後期の儒者。備前生。名は幹、字は礼宗、通称は源蔵。初め江戸に遊び亀田鵬斎に師事、漢学宋学を兼ねた老荘を学ぶ。詩及び書を能くする。著書に『老子解』『荘子解』等がある。弘化2年(1845)歿、55才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

仁科白谷 にしな-はくこく

1791-1845 江戸時代後期の儒者,漢詩人。
寛政3年生まれ。仁科琴浦(きんぽ)の次男。江戸で亀田鵬斎(ほうさい)にまなぶ。のち京都にすみ,猪飼(いかい)敬所,摩島松南らと交遊。詩人として知られた。弘化(こうか)2年5月29日死去。55歳。備前(岡山県)出身。名は幹。字(あざな)は礼宗。通称は源蔵。別号に熊峰。著作に「凌雲集」「白谷詩文鈔」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

仁科白谷の関連キーワード久山牧村恒川泰蔵天章慈英天章

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android