コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久米民之助 くめ たみのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久米民之助 くめ-たみのすけ

1861-1931 明治-大正時代の土木技術者,政治家。
文久元年8月27日生まれ。久米権九郎(ごんくろう)の父。明治17年皇居御造営事務局御用掛となり,二重橋などの築造にあたる。19年大倉組商会にうつり,佐世保鎮守府の軍港開削工事を担当。31年衆議院議員(当選4回)。昭和6年5月24日死去。71歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。工部大学校(東大工学部の前身)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

久米民之助の関連キーワード菊池 鋳太郎菊池鋳太郎沼田城

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android