コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久須美秀三郎 くすみ ひでさぶろう

1件 の用語解説(久須美秀三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

久須美秀三郎 くすみ-ひでさぶろう

1850-1928 明治-大正時代の実業家,政治家。
嘉永(かえい)3年3月15日生まれ。明治13年新潟県会議員日本石油,北越鉄道の創立にかかわる。越佐新聞発行所長,越後(えちご)鉄道社長をつとめた。35年衆議院議員(当選2回,憲政本党)。昭和3年1月18日死去。79歳。越後(新潟県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

久須美秀三郎の関連キーワード治安維持法テーラー稲垣浩松竹(株)戦争文学道光帝序曲難波抱節ニーマン当用漢字

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone