コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗(り)掛け/乗(り)懸け ノリカケ

デジタル大辞泉の解説

のり‐かけ【乗(り)掛け/乗(り)懸け】

近世の宿駅で、道中馬の両側に明荷(あけに)という葛籠(つづら)を2個わたし、さらに旅客を乗せて運ぶこと。
「通し駕籠(かご)か―で参らすに」〈浮・五人女・二〉
乗り掛け馬」の略。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

乗(り)掛け/乗(り)懸けの関連キーワード心拍子

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android