コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗竹孝太郎 のりたけ こうたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗竹孝太郎 のりたけ-こうたろう

1860-1909 明治時代の経済評論家。
万延元年8月15日生まれ。尺振八(せき-しんぱち)の共立学舎で英語をまなぶ。明治12年田口卯吉(うきち)の東京経済雑誌社にはいり,38年社長。自由貿易論を主張し,また嚶鳴(おうめい)社に参加して民権論をとなえた。明治42年1月5日死去。50歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

乗竹孝太郎

没年:明治42.1.5(1909)
生年:万延1(1860)
明治時代の経済評論家。但馬(兵庫県)出石藩士の家に生まれる。号は粛堂。16歳で上京し,尺振八の共立学舎で英学を学び,同塾の助教となる。明治12(1879)年,田口卯吉が『東京経済雑誌』を創刊する際入社し,雑誌の編集や欧米経済雑誌の翻訳に当たる。また,田口の関係から嚶鳴社に参加し,自由主義的政治,経済論を唱えた。21年から横浜正金銀行に勤務したが,38年田口卯吉が死去したため東京経済雑誌社に復帰し,社長を務めた。明治中・末期の自由主義経済論の指導的評論家である。<著作>『粛堂遺稿』全4巻

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

乗竹孝太郎の関連キーワード牧野省三[各個指定]工芸技術部門万延第二帝政ラトビアコクラン伊藤博文グリフィススバルマッキム・ミード&ホワイト

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android