コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乗竹孝太郎 のりたけ こうたろう

2件 の用語解説(乗竹孝太郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乗竹孝太郎 のりたけ-こうたろう

1860-1909 明治時代の経済評論家。
万延元年8月15日生まれ。尺振八(せき-しんぱち)の共立学舎で英語をまなぶ。明治12年田口卯吉(うきち)の東京経済雑誌社にはいり,38年社長。自由貿易論を主張し,また嚶鳴(おうめい)社に参加して民権論をとなえた。明治42年1月5日死去。50歳。但馬(たじま)(兵庫県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

乗竹孝太郎

没年:明治42.1.5(1909)
生年:万延1(1860)
明治時代の経済評論家。但馬(兵庫県)出石藩士の家に生まれる。号は粛堂。16歳で上京し,尺振八の共立学舎で英学を学び,同塾の助教となる。明治12(1879)年,田口卯吉が『東京経済雑誌』を創刊する際入社し,雑誌の編集や欧米経済雑誌の翻訳に当たる。また,田口の関係から嚶鳴社に参加し,自由主義的政治,経済論を唱えた。21年から横浜正金銀行に勤務したが,38年田口卯吉が死去したため東京経済雑誌社に復帰し,社長を務めた。明治中・末期の自由主義経済論の指導的評論家である。<著作>『粛堂遺稿』全4巻

(有山輝雄)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乗竹孝太郎の関連キーワード高橋亀吉内橋克人大島堅造麻見義修日下公人倉谷渓司紅林茂夫高原須美子平尾儀七三宅晴輝