コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙鶴 おとづる

2件 の用語解説(乙鶴の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乙鶴 おとづる

?-? 南北朝時代の芸能者。
奈良の百万を流祖とする女曲舞(おんなくせまい),賀歌女(かがじょ)系のひとり大和猿楽観阿弥(1333-84)に曲舞拍子の面白さをおしえ,能の謡(うたい)に影響をあたえた。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

おとづる【乙鶴】

14世紀中ごろの曲舞(くせまい)の芸人。白拍子系統の遊芸で南北朝時代に流行した曲舞には諸派があったが,奈良の百万を芸祖とする女曲舞の賀歌女(かがじよ)系のみが室町期まで続いた。その賀歌女の一人が乙鶴で,経歴不明(1349年(正平4∥貞和5)に春日神社の巫女(みこ)だった乙鶴御前と同人と見る説もある)ながら,大和猿楽の観阿弥は,乙鶴に曲舞を学び,曲舞の拍子のおもしろさを能の謡(うたい)に導入して新風の謡を歌い出し,彼の成功の基盤としている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

乙鶴の関連キーワードアモス曲舞旅芸人フン族花月勧進舞ギャロップ舞舞竜樹声聞師

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone