コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乙鶴 おとづる

世界大百科事典 第2版の解説

おとづる【乙鶴】

14世紀中ごろの曲舞(くせまい)の芸人。白拍子系統の遊芸で南北朝時代に流行した曲舞には諸派があったが,奈良の百万を芸祖とする女曲舞の賀歌女(かがじよ)系のみが室町期まで続いた。その賀歌女の一人が乙鶴で,経歴不明(1349年(正平4∥貞和5)に春日神社の巫女(みこ)だった乙鶴御前と同人と見る説もある)ながら,大和猿楽の観阿弥は,乙鶴に曲舞を学び,曲舞の拍子のおもしろさを能の謡(うたい)に導入して新風の謡を歌い出し,彼の成功の基盤としている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android