コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳輪 にゅうりんareola of mamma

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳輪
にゅうりん
areola of mamma

乳房中央の乳頭を輪状に取囲む部分。帯赤色ないし黒褐色を呈しており,よく発達した皮脂腺と種々の方向に走る平滑筋線維がある。また乳輪には少数の汗腺と乳輪腺とがあり,後者は妊娠時には特に多数出現して小結節状に外部に突出してくる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐りん【乳輪】

乳首(ちくび)の周囲の褐色の部分。乳暈(にゅううん)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうりん【乳輪】

乳頭の周りの褐色を帯びた輪状部。乳暈にゆううん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の乳輪の言及

【乳房】より

…乳房は乳汁を分泌して乳児を育てるための器官であるが,また代表的な二次性徴として女性の性的魅力の焦点をなす意味で,重要な生殖器官でもある。 乳房は先端が乳頭すなわち〈ちくび〉として突出しており,その周辺の丸い部分を〈乳輪areola mammal〉という。乳輪の皮膚は直径数cmの範囲にわたって,メラニンによって黒褐色に着色している。…

※「乳輪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

乳輪の関連情報