コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳酸脱水素酵素 にゅうさんだっすいそこうそlactate dehydrogenase; LDH

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳酸脱水素酵素
にゅうさんだっすいそこうそ
lactate dehydrogenase; LDH

酵素番号 1.1.1.27。すべての細胞に存在し,嫌気的解糖系と TCA回路を結ぶ重要な調節酵素で,生成したピルビン酸を乳酸に還元してアセチル補酵素Aの量を調節する。生理的状態 (pH7.4) では乳酸側に反応がかたよっているが,pH9~9.5ではピルビン酸側に平衡がずれる。補酵素は NADで,分子量は 16万。H(またはB)とM(またはA)の2種類のサブユニットから成る四量体である。アイソザイムはハイブリッドを含めて5種類が観察される。 LDHが先天的に欠損する疾患がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

乳酸脱水素酵素

 乳酸を酸化してピルビン酸にする可逆反応を触媒する酵素.心筋型と骨格筋型がある.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

乳酸脱水素酵素の関連キーワード原発性胆汁性肝硬変(PBC)成人T細胞白血病虚血性腸病変脳リンパ腫脱水素酵素老化現象膠原病肺

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android