乳酸脱水素酵素(読み)にゅうさんだっすいそこうそ(英語表記)lactate dehydrogenase; LDH

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酵素番号 1.1.1.27。すべての細胞に存在し,嫌気的解糖系と TCA回路を結ぶ重要な調節酵素で,生成したピルビン酸乳酸に還元してアセチル補酵素Aの量を調節する。生理的状態 (pH7.4) では乳酸側に反応がかたよっているが,pH9~9.5ではピルビン酸側に平衡がずれる。補酵素NADで,分子量は 16万。H(またはB)とM(またはA)の2種類のサブユニットから成る四量体である。アイソザイムはハイブリッドを含めて5種類が観察される。 LDHが先天的に欠損する疾患がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

三密

仏教用語。主として密教でいわれ,身密,口密,意密の総称。仏の身体と言葉と心によって行われる3つの行為は,不思議であることから三密と称される。また衆生の身体と言葉と心によって行われる3つの行為も,その隠...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android