乾坤坊良斎(読み)けんこんぼう りょうさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「乾坤坊良斎」の解説

乾坤坊良斎 けんこんぼう-りょうさい

1769-1860 江戸時代後期の講釈師
明和6年生まれ。家業貸本屋から初代三笑亭可楽の門にはいって落語家菅良助となり,のち講釈師に転じる。創作も得意で,「笠森お仙」「切られ与三郎」などの講談をのこし,合巻も手がけた。万延元年8月13日死去。92歳。江戸出身。通称は梅沢屋良助。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

敵に塩を送る

《戦国時代、上杉謙信が、敵将武田信玄の領国の甲斐が塩の不足に苦しんでいるのを知り、塩を送らせた故事から》敵の弱みにつけこまず、逆にその苦境から救う。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android