コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾屎橛 カンシケツ

デジタル大辞泉の解説

かん‐しけつ【乾××橛】

禅宗で、乾いた棒状の糞(くそ)。仏とは何かという問いに対する答え。一説に、くそかきべらで、不浄なもののたとえ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしけつ【乾屎橛】

〘仏〙 禅語。伝統的にくそかきべらと解されてきたが、本来は乾いた棒状の大便。常識的な観念を打破するため、仏や禅僧の比喩として用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乾屎橛の関連キーワード触杖禅宗禅語観念禅僧大便比喩

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android