コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾式紡糸(読み)かんしきぼうし(英語表記)dry spinning

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾式紡糸
かんしきぼうし
dry spinning

化学繊維の紡糸法の一形式。合成高分子物質を適当な溶剤に溶かし,これを紡糸口金 (ノズル) から噴出させ,熱風により溶剤を気化して繊維状にする方法。この紡糸方法は巻取り速度がきわめて速く,紡糸条件が広く,溶剤の回収が簡単などの利点がある。アセテートなどの紡糸に適用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の乾式紡糸の言及

【ビニヨン】より

…フィラメントからアセトンが蒸発することにより,固化して繊維となる。この紡糸法はセルロースアセテートのそれと似ており,乾式紡糸法と呼ばれる。引張強さは3.4gf/デニール,切断伸度は18%である。…

【紡糸】より

…綿,羊毛,麻などの短い繊維を平行に並べて撚り(より)をかけて糸を作ることは紡績という。紡糸法には,溶融紡糸melt spinning,湿式紡糸wet spinningおよび乾式紡糸dry spinningがある。ここでは湿式紡糸と乾式紡糸について述べるが,合成高分子に多用される溶融紡糸については,その項目を参照されたい。…

※「乾式紡糸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android