コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾徳 ケントク

デジタル大辞泉の解説

けん‐とく【乾徳】

天子の徳。→坤徳(こんとく)
天皇の徳。→坤徳
進んでやまない、りっぱな精神。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

けんとく【乾徳】

天子の徳。君主たるものの徳。聖徳。 ⇔ 坤徳こんとく
常に前進しようとする立派な精神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

乾徳の関連キーワード宋の時代(年表)祐国寺鉄塔三富〈村〉益州名画録三富[村]参知政事西沢渓谷貞建親王邦尚親王均産一揆寿福寺山梨市恵林寺高文進老河口乾徳山黄筌石恪鳳暦李成

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android