コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾直恵 いぬい なおえ

1件 の用語解説(乾直恵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

乾直恵 いぬい-なおえ

1901-1958 昭和時代の詩人。
明治34年6月19日生まれ。はじめ百田(ももた)宗治の「椎の木」同人。昭和9年高祖保(こうそ-たもつ)と「苑(その)」を編集,独自の叙情詩をつくる。戦後は病床生活をつづけ,30年「海岸線」を発表。昭和33年1月13日死去。56歳。高知県出身。東洋大卒。没後に全詩集「朝の結滞」が刊行された。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

乾直恵の関連キーワード緒方昇岡本潤遠地輝武木村好子沢ゆきドン ザッキー野村吉哉方等みゆき正富汪洋森三千代