コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

了海 りょうかい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

了海 りょうかい

1239-1319 鎌倉時代の僧。
延応元年7月15日生まれ。浄土真宗山城(京都府)興正(こうしょう)寺(のちの仏光寺)の源海に師事し,弘安(こうあん)元年同寺をつぐ。晩年は生地武蔵(むさし)阿佐布(あざぶ)(東京都麻布)にかえり,善福寺をひらいた。文保(ぶんぽ)3年1月26日(一説永仁(えいにん)元年11月16日)死去。81歳。著作に「還相回向聞書」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

了海の関連キーワード恩讐の彼方に・恩讎の彼方に東京都杉並区恩讐の彼方に北向雲竹鎌倉時代村田珠光市九郎法界坊六老僧了源穎玄

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

了海の関連情報