予価(読み)よか

精選版 日本国語大辞典「予価」の解説

よ‐か【予価】

〘名〙
① 売る前にあらかじめつけておく価格。定の価格。
② (予賈・預価とも書く) 実際の売値よりも値段を高くつけること。また、その値段。掛値
※東京新繁昌記(1874‐76)〈服部誠一〉四「故(さら)に数銭を減ず可し。敢て預価(〈注〉カケネ)を言ふに非ず」 〔荀子‐儒効〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android