予約出版(読み)ヨヤクシュッパン

大辞林 第三版の解説

よやくしゅっぱん【予約出版】

刊行に先立って購読者を募集し、その申込者だけに出版物を配布すること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

予約出版

前もって購読者を募集し,販売部数を確定した上で出版すること.あらかじめ代金全額または一部を徴収することもある.高価な図書限定版全集,一部の雑誌などで用いられることが多い.予約数により価格が変動することもある.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

よやく‐しゅっぱん【予約出版】

〘名〙 刊行に先立って購読者をつのり、その予約申込者だけを対象にして書籍を出版すること。
※東京日日新聞‐明治一五年(1882)九月一三日「曩に佩文韻府並に資治通鑑の予約出版を企業せしに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android