コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予防注射 ヨボウチュウシャ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

予防注射
よぼうちゅうしゃ

感染症にかかっても発病しないか、発病しても軽くすむようにするために行う注射をいう。おもにワクチンなどを皮下あるいは皮内に注射する予防接種をはじめ、免疫血清を注射する血清療法もあるが、血清療法は特殊な場合に限られるので、一般には予防接種と同意に使われることが多い。[柳下徳雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

予防注射の関連情報