事もなし(読み)コトモナシ

デジタル大辞泉の解説

事(こと)もな・し

何事もない。無事である。
「すべて世は―・し」〈上田敏訳・海潮音・春の朝〉
「―・く生き来しものを老いなみにかかる恋にも我(あれ)はあへるかも」〈・五五九〉
無難で欠点がない。非の打ち所もなくすばらしい。
「人にはぬけて、才(ざえ)なども―・く」〈・若菜上〉
これということもない。平凡である。
「―・き女房のありけるが」〈著聞集・一六〉
わけもない。容易である。たやすい。
「あづま琴をこそは、―・く弾き侍りしかど」〈・手習〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こと【事】 も なし

① 何事もない。何の支障もない。無事だ。事なし。
※万葉(8C後)四・五五九「事毛無(ことモなく)生き来しものを老なみにかかる恋をも吾れは会へるかも」
② 非難すべき点がない。好ましい。理想的だ。
※伊勢物語(10C前)五八「そこのとなりなりける宮ばらに、こともなき女どもの」
※源氏(1001‐14頃)若菜上「人にはぬけて、ざえなどもこともなく、つひには世のかためとなるべき人なれば」
③ これといってとり立てるところもない。平凡だ。
古今著聞集(1254)一六「こともなき女房のありけるが」
④ わけもない。たやすい。容易だ。
※竹取(9C末‐10C初)「龍(たつ)を捕へたらましかば、又こともなく我は害せられなまし」
[語誌]「ことなし(事無)」を「も」で強調したもの。無事平穏の意から②の意が生じているが、「源氏物語」では「ことなし」は多く平穏無事の意で、「こともなし」は多く欠点がない、の意で使い分けられている。→「こと(事)むなし」の語誌

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android