コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事業者団体法 じぎょうしゃだんたいほう

1件 の用語解説(事業者団体法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

事業者団体法
じぎょうしゃだんたいほう

昭和 23年法律 191号。独占禁止法の補助立法として制定された法律。同法は,「事業者団体の正当な活動範囲を定め,かつ,その公正取引委員会に対する届け出制を実施することをもって目的とする」ものであり (1条) ,事業者団体が,第2次世界大戦前,戦中に統制経済体制下における統制のためのカルテルとしての役割を果したことに対する反省から,その活動をきわめて厳格に規制していた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の事業者団体法の言及

【事業者団体】より

…1948年に制定された事業者団体法によって創始された用語であり,アメリカのトレード・アソシエーションtrade associationに相当する。独占禁止法(1953年の改正の際,事業者団体法を吸収した)によれば,事業者団体とは,(1)主たる目的は事業者としての共通の利益の増進,(2)二つ以上の事業者の結合体,またはその連合体,(3)資本または構成事業者の出資を有しない,(4)営利を目的とする事業を営まない,の要件を充足するものをいう。…

【独占禁止法】より

… 1949年に一度小改正を施された後に,53年にはアメリカの対日政策の変更を受けて,日本の経済の実態にあわせて47年法を大幅に緩和する大改正が行われた。この改正によって,それまで独立の法律であった事業者団体法が廃止されて独占禁止法8条に統合され,事業能力の格差に基づく排除措置の規定は削除され,合理化カルテルや不況カルテル等の適用除外制度が設けられた(カルテル法)。 その後,昭和30年代の高度成長期には,多くの個別適用除外立法が制定されるなど,独占禁止法の運用は必ずしも活発にはなされなくなった。…

※「事業者団体法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

事業者団体法の関連キーワード独占禁止法反トラスト法禁止法独占禁止法適用除外制度オープンスカイ協定と独占禁止法の適用除外今村成和金沢良雄正田彬松下満雄カルテル法

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone