二上山(富山県)(読み)ふたがみやま

  • 二上山
  • 富山県

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富山県北西部、高岡市と氷見市(ひみし)の境にある第三紀層の山地。西は海老坂(えびさか)峠で西山に境する。二上山(274メートル)を主峰とし、城山(258メートル)とその北東の大師(だいし)ヶ岳(253メートル)を遠望すると二つのこぶ山にみえる。山地の北東部は急崖(きゅうがい)となって富山湾に臨み、雨晴(あまはらし)海岸がある。越中守(えっちゅうのかみ)大伴家持(おおとものやかもち)がこの山を詠んだ歌があり、一帯には家持の像、仏舎利塔、万葉植物園などがある。能登(のと)半島国定公園の一部で、ドライブウェー二上山万葉ラインが通じる。

[深井三郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android