コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二上山 にじょうざん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二上山
にじょうざん

奈良県大阪府の境にある金剛山地北部の山。別称二子山 (ふたごやま) 。古い火山岩からなり,北の雄岳 (517m) と南の雌岳 (474m) がある。古くは「ふたかみやま」と呼ばれ『万葉集』に多くの歌が詠まれている。雄岳の頂上に大津皇子の墓,雌岳の西稜に鹿谷寺跡がある。金剛生駒紀泉国定公園の一部。

二上山
ふたがみやま

富山県北西部,高岡市の北東部にある山。標高 274m。主として新第三紀の砂岩層から構成され,西側は断層によって海老坂の鞍部に接し,東側は雨晴海岸に達している。万葉の昔,越中国国守として赴任した大伴家持が月と紅葉の名所と詠んだ。仏舎利塔,大梵鐘があり,万葉植物園,青少年の家などが設けられている。ドライブコースの二上山万葉ラインも通じ,氷見海岸とともに能登半島国定公園に含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にじょう‐さん〔ニジヤウ‐〕【二上山】

大阪府と奈良県との境にある火山。金剛山地北部に位置し、北の雄岳(おだけ)(標高517メートル)と南の雌岳(めだけ)(標高474メートル)の二峰からなる。雄岳山頂に大津皇子(おおつのみこ)の墓がある。ふたかみやま。

ふたかみ‐やま【二上山】

にじょうさん(二上山)」に同じ。[歌枕
富山県の高岡市と氷見市との境にある山。紅葉の名所。標高274メートル。[歌枕]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二上山【にじょうさん】

〈ふたかみやま〉とも。大阪・奈良府県境をなす金剛山地の北部に噴出した二上火山群の主峰。雄岳(517m),雌岳(474m)からなる溶岩円頂丘で,山頂部は讃岐(さぬき)岩。
→関連項目香芝[市]金剛生駒紀泉国定公園太子[町]当麻[町]二上火山帯

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

にじょうさん【二上山】

奈良県と大阪府との境にある金剛山地北部の山。中新世後期の火山岩から成る。山頂は北の雄岳(海抜517メートル)と南の雌岳(海抜474メートル)の二つに分かれる。ふたかみやま。

ふたかみやま【二上山】

〔「ふたがみやま」とも〕
二上山にじようさん 」に同じ。⦅歌枕⦆ 「明日よりは-を弟いろせと我が見む/万葉集 165
富山県高岡市北方の山。月・紅葉の名所。⦅歌枕⦆ 「玉くしげ-に鳴く鳥の声の恋しき時は来にけり/万葉集 3987

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔大阪府(奈良県)〕二上山(にじょうさん)


大阪府・奈良県境に連なる金剛(こんごう)山地北部の火山。北の雄()岳(標高517m)と南の雌()岳(同474m)からなる。「ふたかみやま」・二子山(ふたごやま)とも。南麓(なんろく)を通る竹内(たけのうち)越えは古代の大和(やまと)と河内(かわち)を結ぶ主要街道。雄岳頂上は大津皇子(おおつのおうじ)が埋葬された地といわれ、墓がある。

〔大阪府(奈良県)〕二上山(ふたかみやま)


二上山(にじょうさん)

〔富山県〕二上山(ふたがみやま)


富山県北西部、能登(のと)半島基部の二上丘陵の主峰。標高274m。山頂部は平坦(へいたん)で、戦国時代の守山城址(もりやまじょうし)がある。二上山万葉(まんよう)ラインで山麓(さんろく)と結ばれ、富山湾・立山(たてやま)の展望がよい。北麓は雨晴(あまはらし)海岸・有磯海(ありそうみ)の景勝地。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

二上山の関連キーワード鳥取県岩美郡岩美町岩常富山県高岡市城光寺掻き数ふ・搔き数ふ香芝市二上山博物館富山県高岡市二上奈良県香芝市藤山二上山(富山県)真澄鏡・真十鏡古銅輝石安山岩佐味少麻呂金剛砂御薗翠鳥園遺跡死者の書十二町潟玉くしげ大伯皇女家形石棺長尾街道宝達丘陵射水神社

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二上山の関連情報