コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雨晴海岸 あまはらしかいがん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

雨晴海岸
あまはらしかいがん

富山県北西部,高岡市伏木港から西に続く海岸。二上山 (273m) を主峰とする二上丘陵が富山湾にのぞむ景勝地で,海食崖海食洞,伝説で名高い義経岩などの離岩に富む岩石海岸と,その西方の海水浴場としてにぎわう砂浜海岸とから成る。沖合いは有磯海 (ありそうみ) と呼ばれている。能登半島国定公園に含まれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あまはらし‐かいがん【雨晴海岸】

富山県高岡市と氷見(ひみ)市との境にある海岸。富山湾に臨み、岩礁(がんしょう)・白砂青松の続く景勝地で、万葉集にも詠まれている。夏は海水浴場となる。付近の桜谷の丘には国指定史跡の桜谷古墳がある。能登半島国定公園の一部。名の由来は、源義経主従の一行が奥州に落ちのびる時、にわか雨にあい、晴れるのを待ったという伝説から。あまばらし海岸。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本の地名がわかる事典の解説

〔富山県〕雨晴海岸(あまはらしかいがん)


富山県北西部、富山湾に注ぐ小矢部(おやべ)川河口の西に続く海岸。沖合は有磯海(ありそうみ)とよばれ、古歌に詠まれた名所。遠浅の海水浴場で知られる。海を隔てて立山(たてやま)連峰の眺めがよい。背後の『万葉集』ゆかりの二上(ふたがみ)山とともに能登(のと)半島国定公園の一角を占める。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

雨晴海岸
あまはらしかいがん

富山県高岡市と氷見(ひみ)市との境にある二上(ふたがみ)丘陵性山地が富山湾に臨む岩石海岸。『万葉集』に詠まれた有磯海(ありそうみ)の一部。地名は、源義経(よしつね)主従が奥州落ちのとき、にわか雨にあい、ここで雨が晴れるのを待ったという伝説に由来する。この海岸は第三紀層の砂岩で構成される岩石が海食で残され、松の生える男岩、女岩などの小島が散在し、単調な富山湾に変化を与えている。能登(のと)半島国定公園の一部。あいの風とやま鉄道(旧、JR北陸本線)高岡駅から分岐するJR氷見線が海岸を通り、雨晴駅がある。夏は海水浴場として利用されている。[深井三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

雨晴海岸の関連キーワード二上山(富山県)富山県高岡市高岡(市)氷見市古歌

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

雨晴海岸の関連情報