コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二中間子論 にちゅうかんしろん

百科事典マイペディアの解説

二中間子論【にちゅうかんしろん】

1937年アンダーソンにより発見されたいわゆる中間子(実はμ(ミュー)粒子)の性質が湯川秀樹の予言した核力を媒介する中間子と矛盾するため,坂田昌一谷川安孝,井上健は,両者が別種で後者は前者より重く,後者が自然崩壊して前者にかわるという説をとなえた(1942年)。
→関連項目坂田昌一

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二中間子論
にちゅうかんしろん

中間子論」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の二中間子論の言及

【素粒子】より

…当初はこの粒子が湯川の予言した中間子と考えられ,μ中間子と名付けられたが,湯川理論から予想される中間子の平均寿命約10-8秒から2桁も違い,また核子との相互作用も弱いなど矛盾する点が明らかにされた。そこでμ中間子とは別にもう1種類の中間子,π中間子の存在を考える二中間子論が坂田昌一,谷川安孝など(1946),少しおくれてR.E.マルシャク,H.A.ベーテ(1947)によって提出された。47年,C.F.パウエルらは宇宙線中に露出した原子核乾板を念入りに調べ,質量が電子の約260倍ほどで原子核と激しく反応する粒子が存在すること,またこの粒子がときとして質量が電子の200倍くらいの粒子と質量が0にきわめて近い粒子に崩壊することを見いだした。…

※「二中間子論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二中間子論の関連キーワード二ニュートリノ説ニュートリノ坂田 昌一ミューオン素粒子μ粒子

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android