二中間子論(読み)にちゅうかんしろん

百科事典マイペディアの解説

二中間子論【にちゅうかんしろん】

1937年アンダーソンにより発見されたいわゆる中間子(実はμ(ミュー)粒子)の性質が湯川秀樹の予言した核力を媒介する中間子と矛盾するため,坂田昌一,谷川安孝,井上健は,両者が別種で後者は前者より重く,後者が自然崩壊して前者にかわるという説をとなえた(1942年)。これを二中間子論といい,1947年パウエルらは宇宙線の中に2種類の中間子があること,その一つがπ(パイ)中間子であることを発見した。現在では,湯川の予言したものが,π中間子で,μ粒子は中間子の仲間でないことが明らかになっている。→素粒子
→関連項目坂田昌一

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の二中間子論の言及

【素粒子】より

…当初はこの粒子が湯川の予言した中間子と考えられ,μ中間子と名付けられたが,湯川理論から予想される中間子の平均寿命約10-8秒から2桁も違い,また核子との相互作用も弱いなど矛盾する点が明らかにされた。そこでμ中間子とは別にもう1種類の中間子,π中間子の存在を考える二中間子論が坂田昌一,谷川安孝など(1946),少しおくれてR.E.マルシャク,H.A.ベーテ(1947)によって提出された。47年,C.F.パウエルらは宇宙線中に露出した原子核乾板を念入りに調べ,質量が電子の約260倍ほどで原子核と激しく反応する粒子が存在すること,またこの粒子がときとして質量が電子の200倍くらいの粒子と質量が0にきわめて近い粒子に崩壊することを見いだした。…

※「二中間子論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android