コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

坂田昌一 さかたしょういち

7件 の用語解説(坂田昌一の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

坂田昌一
さかたしょういち

[生]1911.1.18. 東京
[没]1970.10.16.
物理学者。 1933年京都大学卒業,42~70年名古屋大学教授。中性中間子を導入して湯川秀樹中間子論に協力,2中間子論を提唱 (1942) して湯川中間子の確認に寄与した。素粒子に関する坂田モデル (56) ,名古屋モデル (62年) を提唱して粒子動物園といわれた素粒子論の混乱状況の打開に寄与するとともに,M.ゲル=マンと G.ツワイクによるクォークモデルの登場を理論的に準備した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さかた‐しょういち〔‐シヤウイチ〕【坂田昌一】

[1911~1970]物理学者。東京生まれ。名大教授。湯川秀樹に協力して中間子を理論的に研究。電子自己エネルギーの発散についての理論を起こし、朝永振一郎繰り込み理論の素地を作った。素粒子の複合模型「坂田模型」を提唱して素粒子論の新段階を開いた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

坂田昌一【さかたしょういち】

物理学者。東京都出身。京大卒後,阪大,京大等を経て名古屋大学教授。名大素粒子論研究グループを組織し,二中間子論,素粒子複合モデル(素粒子論)等の世界的業績を達成。
→関連項目小林誠益川敏英

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂田昌一 さかた-しょういち

1911-1970 昭和時代の物理学者。
明治44年1月18日生まれ。理化学研究所をへて大阪帝大,京都帝大で湯川秀樹に協力して中間子理論を研究。昭和17年名古屋帝大教授。二中間子論や素粒子の複合模型(坂田模型)などを提唱した。研究体制の民主化につとめ,平和運動にも参加した。25年学士院恩賜賞。昭和45年10月16日死去。59歳。東京出身。京都帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかたしょういち【坂田昌一】

1911‐70(明治44‐昭和45)
物理学者。東京の生れ。1933年京都大学物理学科を卒業,湯川秀樹の中間子論の建設に加わった。坂田の中性パイ中間子の研究とミュー粒子を導入した二中間子論は,素粒子の相互関連の解明の重要なステップとなった。42年以後,名古屋大学理学部教授として素粒子論研究室を主宰,唯物弁証法に基づいてつねに研究課題を明確にする研究方法を実践した。場の量子論における発散の困難に取り組んだC中間子論や混合場の理論朝永振一郎くりこみ理論に大きな刺激を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

さかたしょういち【坂田昌一】

1911~1970) 理論物理学者。東京生まれ。京大卒。名大教授。湯川秀樹に協力して中間子の理論的研究に従事、パイ中間子とミュー中間子を区別して扱う二中間子論を展開。また、物質が無限に階層性をもつという自然観のもとに、素粒子を複合的なものとしてとらえる、いわゆる坂田模型を提唱した。研究体制の民主化、平和運動に尽力。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

坂田昌一
さかたしょういち
(1911―1970)

理論物理学者。財界人坂田幹太(さかたみきた)(1879―1958)の長男として東京に生まれる。大阪の甲南中学・高校を経て、1933年(昭和8)京都帝国大学理学部物理学科を卒業し、理化学研究所仁科(にしな)研究室に入り、朝永振一郎(ともながしんいちろう)とともに電子対発生の研究に取り組んだ。1934年に湯川秀樹(ゆかわひでき)に招かれ新設まもない大阪帝国大学へ移り理学部助手、講師を務めた。1939年には湯川とともに京都帝国大学へ戻り講師となった。1942年に名古屋帝国大学へ移り同大学教授、理学部長などを務めた。
 1937年にアンダーソンらによって宇宙線中に原子の200倍の質量をもつ粒子が発見されたという報告を聞き、湯川らとともに中間子についての湯川理論(1935)を発展させることに努め、1939年に谷川安孝(たにかわやすたか)(1916―1987)と、中性中間子が非常な短時間で二つあるいは三つのγ(ガンマ)線になることを発表し、さらに1942年には核力を生む湯川(π(パイ))中間子とアンダーソンが発見した(μ(ミュー))中間子とを区別する「二中間子論」を谷川、中村誠太郎(1913―2007)、井上健(1921―2004)とともに発表した。これは第二次世界大戦後各国の実験で証明され、朝日賞、日本学士院恩賜賞を受けた。名古屋大学へ移ってからは、電磁量子力学や朝永らによる「くりこみ理論」に影響を与えた「C中間子(凝集中間子)論」の提唱(1946)をはじめとして、「くりこみ理論」の適用限界についての研究に取り組んだ。1955年(昭和30)にこうした一連の研究成果から素粒子に対する複合(坂田)模型を提案し、素粒子論の新たな展開を生み出した。またこの複合模型の誕生には、物質の無限の階層性という自然観が重要な役割を果たした。坂田はこの考えを高校時代に読んだエンゲルスの『自然の弁証法』や理研時代からの友人・協力者である武谷三男(たけたにみつお)との交流から実らせた。
 さらにその哲学的立場から、名古屋大学での研究体制の民主化、素粒子論グループの組織化、学術会議「学問と思想の自由委員会」での活動をはじめ、パグウォッシュ会議などの国際的な活動にも精力的に取り組んだ。[小林武信]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の坂田昌一の言及

【素粒子模型】より

ストレンジネスをもつ粒子,例えばK中間子やΛ粒子,Σ粒子,Ξ粒子などの発見以降は,これらの粒子の分類が重要な課題となった。この種の先駆的なものの中では,1955年日本の坂田昌一(1911‐70)によって提出された坂田模型が有名で,これは陽子(p),中性子(n),Λ粒子を基本粒子として,すべてのハドロン(強い相互作用をする粒子)をそれらの束縛状態としてつくり出そうというものである。p,n,Λ粒子が他の粒子,例えばΣ粒子などに比べて,なぜ,より基本的かという点に関しては,多少不自然さが感じられたが,群SU(3)の導入によって粒子を分類する可能性が生じ,非常な成功をおさめた(SU(3)対称性)。…

【電子捕獲】より

…実際,β崩壊と共存していることが多いが,β崩壊がエネルギーのつり合いから不可能な場合(陽電子の放出には負のエネルギー状態にある電子を正のエネルギー状態へもち上げねばならないので,少なくとも電子質量の2倍に相当する崩壊エネルギーが必要である)には電子捕獲しか起こらない。歴史的には1935年に湯川秀樹と坂田昌一(1911‐70)によってその存在が理論的に予言され,38年にアメリカのアルバレズLuis Walter Alvarez(1911‐88)が初めて実験的に検証した。放出される粒子が中性微子だけであるので,その検出には電子が捕獲され,あいた空孔へ再び電子が上の軌道から落ちるときに放出される特性X線かオージェ電子の観測によらざるをえない。…

※「坂田昌一」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

坂田昌一の関連キーワード賄賂罪アッタロス[1世]津野[町]職権濫用罪アッタロス斡旋収賄罪津野(町)東津野身分犯桂太郎内閣

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

坂田昌一の関連情報