物まね(読み)ものまね

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「物まね」の解説

物まね
ものまね

他人や動物などの身ぶり,声などを模倣すること。人間が社会生活をおくるための諸条件を「学習」するのも物まねの一部であるが,芸術方面では,演劇演技術へと展開するでもある。この物まねが,言葉の芸術である文学を包含したとき,現代的な演劇としての形式を整えたことになる。一方,単なる外見の物まねに徹することによって,パントマイムとなっているものもあり,また,声色 (こわいろ) ,声帯模写など,寄席演芸の一つになっているものもある。 1980年代後半にはテレビのバラエティーショーなどで物まね芸が大ブームを呈した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典「物まね」の解説

物まね
(別題)
ものまね

歌舞伎・浄瑠璃の外題。
元の外題
ものまね
初演
万治2.11(江戸・松平大和守邸)

出典 日外アソシエーツ「歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典」歌舞伎・浄瑠璃外題よみかた辞典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android