二個師団増設問題(読み)にこしだんぞうせつもんだい

世界大百科事典 第2版の解説

にこしだんぞうせつもんだい【二個師団増設問題】

日露戦争後から第1次世界大戦にいたる間の陸軍軍備拡張をめぐる政治問題。日露戦争開始期13個師団であった陸軍兵力は,戦時に4個師団増え,戦後の1906年9月に2個師団増設され19個師団となった。翌07年策定の帝国国防方針にもとづき陸軍はさらに朝鮮駐留の2個師団増設を要求したが,戦後の財政難のなかでこの要求は実現しなかった。11年8月成立の第2次西園寺公望内閣は,行財政整理を政策の中心にすえたが,陸海軍は軍備拡張を要求した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二個師団増設問題
にこしだんぞうせつもんだい

陸軍が強硬に要求し第一次憲政擁護運動、大正政変の基因となった問題。平時25個師団の建設を決めた1907年(明治40)の帝国国防方針に沿いつつ、現有19個師団の陸軍は、10年の韓国併合後、ロシアへの備えなどを理由に朝鮮配備の2個師団増設を要求した。第二次桂(かつら)太郎内閣は財政難を理由にそれを抑えたが、11年第二次西園寺公望(さいおんじきんもち)内閣が成立し、中国に辛亥(しんがい)革命が起こると、流動化する情勢に即応するためにもとふたたび要求。その根底には海軍への対抗、陸軍の軍拡や大陸政略を妨げかねない政党勢力の増大への危機感があった。そこで陸軍はこの要求に固執し、12年(大正1)12月閣議が翌年度からの着手を拒否すると、上原勇作(うえはらゆうさく)陸相を辞任させて後任を出さず同内閣を倒した。陸軍は寺内正毅(てらうちまさたけ)を首班とする軍部内閣すら構想していたがならず、憲政擁護運動の高揚により増師も頓挫(とんざ)した。しかし以後も強く要求し続け、第二次大隈重信(おおくましげのぶ)内閣下の15年に認められた。[阿部恒久]
『由井正臣「2個師団増設問題と軍部」(『駒沢史学』第17号所収・1970・駒沢大学史学会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二個師団増設問題の言及

【原敬】より

…ついで11年8月成立の第2次西園寺内閣でも内相として入閣。12年末二個師団増設問題により内閣が倒れるまで,いわゆる桂園内閣時代において,松田正久とならぶ政友会の二大支柱の一人として活躍した。すなわち内務官僚の政友会接近を促進し,一方,鉄道・港湾事業により政友会の地盤を拡大し,政友会が衆議院議席の過半数を占めることに成功した。…

※「二個師団増設問題」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android