頓挫(読み)トンザ

デジタル大辞泉の解説

とん‐ざ【頓挫】

[名](スル)
勢いが急に弱まること。また、計画や事業などが途中で遂行できなくなること。「活動に一頓挫を来(きた)す」「不況で事業が頓挫する」
文章や演説の調子が急に変わること。
「口から出任せの抑揚―」〈逍遥当世書生気質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とんざ【頓挫】

( 名 ) スル
勢いが途中でにわかに弱くなること。
事業・計画などが途中で急に駄目になること。 「不況のあおりで事業が-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

とん‐ざ【頓挫】

〘名〙
① 勢いがにわかに弱ること。力が急にくじけること。また、事業、研究などが急に行きづまり、だめになること。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉二「車体は一上一下と動揺して、或は頓(トンザ)し、或は傾斜し」
※作戦要務令(1939)二「敵の攻撃頓挫したるとき」
② 文章、議論、演説などで、高まりを見せた後、急に調子を落とし変化させること。
※詩学逢原(1763)上「其法文をかくと同じ。頓挫、抑揚、波瀾、起伏等の勢あり」 〔陸機‐文賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

頓挫の関連情報