コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍拡 グンカク

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんかく【軍拡】

軍備張,軍備拡大の略。軍備という場合,少なくとも二つの側面が含まれている。第1は兵器の体系である。これの増強には兵器の量的な増加と,質的な強化とが含まれる。近代のテクノロジーは,大量生産と急速な技術開発とを特徴としているが,兵器の量と質の増強はこれに対応している。第2は軍事的な組織である。これの強化・拡大も軍拡の重要な要因である。例えば,かりに兵器の増強を行わなくても,国際的に外国と軍事同盟を結んだり,合同演習を行って共同作戦の態勢をつくったり,外国に基地を設けて兵器の配備を拡大したりすることは,軍事力増強の効果をもつ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ぐんかく【軍拡】

「軍備拡張」の略。 ↔ 軍縮

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軍拡の関連キーワードボールドウィン(Hanson Weightman Baldwin)ハンソン・W. ボールドウィンパーチェム・イン・テリスH.ジョージ リコーバー中国海軍と周辺諸国弾道ミサイル防衛フェア・ディールミュンヘン演説地球的問題群目賀田種太郎信頼醸成措置ミサイル防衛拡散対抗措置赤の女王仮説ショアズール核不拡散条約安江 良介軍産複合体宇都宮徳馬第二列島線

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍拡の関連情報