コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二元的所得税 にげんてきしょとくぜいtwo‐tier income tax

1件 の用語解説(二元的所得税の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

二元的所得税

所得を資産性所得と勤労所得との2つに分離した上で、資産性所得に比例税率を、勤労所得に累進税率をかける所得税のこと。デンマークニールセンによって提唱され、1980年代半ばから90年代初頭にかけてデンマーク、ノルウェースウェーデンフィンランドといった北欧諸国で導入された。資産性所得に比例税率というと、一見、資産性所得の課税が軽くされているように見える。しかし、租税特別措置などを整理することで資産性所得の課税ベースを拡大し、勤労所得よりも低い税率をかけることで、資産の海外への逃避を回避する意図も盛り込まれている。ただ、租税の公平という観点からすると同じ所得額であれば、資産性所得のほうが勤労所得よりも担税力があると考えるのが原則である。そのため、二元的所得税を導入している北欧諸国では、その人が所有している資産を合算して累進税率で課税する純資産税、つまり富裕税が課税されていることも忘れてはならない。

(神野直彦 東京大学大学院経済学研究科・経済学部教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
知恵蔵について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone