コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富裕税 ふゆうぜい wealth tax

6件 の用語解説(富裕税の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富裕税
ふゆうぜい
wealth tax

財産税の一つで,高額資産所有者に課税する。所得が生じた際に課税される所得税を補完するものとして,長期保有する不動産などの資産に低率課税する。日本では,シャウプ勧告に基づき 1950年度に導入されたが,資産価値評価の不透明さに加え,保有資産が明確になることから不評で,1952年度末に廃止された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ふゆう‐ぜい【富裕税】

高額純資産所有者を対象とする経常税。日本では昭和25年(1950)に創設されたが、同28年に廃止。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

富裕税【ふゆうぜい】

財産税の一種。日本ではシャウプ勧告により1950年創設された国税。所得税の補完税として,純財産価額が500万円を超える個人に対し,その超過金額に0.5〜3%の超過累進税率で課税。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ふゆうぜい【富裕税】

経常財産税の一種であり,所得税の補完税として賦課徴収される税。臨時財産税とは異なり毎年課税されるが,税率も低く,普通はこの税の支払のために財産を処分する必要はなく,所得から支払われる。所得税は所得が生じて初めて課されるから自家用の土地や家屋などは課税されなかったり,所得税の税務行政上の不完全さのゆえに課税をまぬかれる場合が生じうる。また,再分配の目的で所得税の累進税率を高くすると,勤労意欲や貯蓄意欲を損なったりして望ましからぬ効果が生じうるが,富裕税は,このような所得税の不完全性や欠陥を補完するために課せられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ふゆうぜい【富裕税】

財産税の一。高額資産所有者を対象とするもの。海外では導入事例がみられ、日本でも第二次大戦後一時実施。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

富裕税
ふゆうぜい
net worth tax

経常財産税の一種であり、所得税の補完税として賦課徴収される税。臨時財産税とは異なり毎年課税されるが、税率も低く、普通はこの税の支払いのために、財産を処分する必要はなく、所得から支払われる。所得税は所得が生じて初めて課されるから自家用の土地や家屋などは課税されなかったり、所得税の税務行政上の不完全さのゆえに課税を免れる場合が生じうる。また、再分配の目的で所得税の累進税率を高くすると、勤労意欲や貯蓄意欲を損なったりして望ましからぬ効果が生じうるが、富裕税は、このような所得税の不完全性や欠陥を補完するために課されるものである。わが国では、シャウプ勧告に従い1950年度(昭和25)に創設され、これに応じて、所得税の最高税率が85%から55%に引き下げられた。しかし、納税者の反対が強く、また財産価値の評価の困難さのゆえに、52年度限りで廃止された。[林 正寿]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の富裕税の言及

【財産税】より

…課税標準は財産価値ではあるが,税源は所得であるとみなされるから,実質的には所得税の補完税であることが多い。シャウプ税制勧告に基づいて1950年に創設された富裕税はこの経常財産税の例であり,この税の導入にともなって当時の所得税の最高限界税率が85%から55%まで引き下げられたのは,富裕税のもつ所得税の補完税としての性格を反映するものである。富裕税は,財産の明示を嫌う納税者の強い抵抗と,税務行政上の困難という理由によって52年限りで廃止されたが,その代りに所得税の最高限界税率が75%に引き上げられた。…

【シャウプ勧告】より

…なお,法人利潤算定に当たっては,インフレーションで減価した固定資産を再評価して資本価値の保全を図る一方で,再評価税徴収を定めた。そのうえで納税協力確保のために所得税率の最高限度を大幅に引き下げる一方,高額所得階層には富裕税を用意し,生産や投資への阻害作用を避けつつ,しかも所得課税の高度累進を実質的に保ち,かつ資産所得の逋脱(ほだつ)を防ごうとした。相続税を,相続財産および贈与財産について一生を通じる累積課税としたのも,資産保有の集中を防ぎ,高額資産に確実に課税しようという趣旨である。…

※「富裕税」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

富裕税の関連キーワード財産税課税所得法人税負の所得税税源移譲復興特別所得税所得課税地方交付税の法定率経常財産税所得税のイロージョン

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

富裕税の関連情報